糖尿病の食事

糖尿病と診断されたら、必要なエネルギーの分量に見合う食事量にすることが大切です。
糖尿病はインスリンの不足により起こる病気ですので、インスリンの分泌を促す食事の量を適度にコトンロールする必要があります。
糖尿病だからといって、特に食べてはいけないものはありませんが、栄養バランスのとれた食事にするように心がけましょう。

総エネルギー量(標準体重1kgあたり)= 標準体重 × 仕事別消費カロリー

この仕事別消費カロリーの目安としては、肥満者ではその人の標準体重1sあたり20〜25kcal、肥満していない軽労働者では1sあたり30kcal、中程度労働者(製造、販売、自営業の主婦など)では1sあたり35〜40cal、重労働者(農・漁業、建築業など)では1sあたり35〜40calで計算します。

1日の総エネルギー量を、糖質、タンパク質、脂肪の3つの栄養素からバランスよく配分して摂取します。

糖質は米飯、パン、麺類、いも類、菓子類に多く含まれ、1日の必要量は150〜300gですが、極端な制限は加えないことです。

タンパク質はおもに肉、魚類、卵、牛乳、大豆等に含まれ、1日の摂取量は70g前後が良いとされています。

残る脂肪は、糖質とタンパク質を引いた残りの熱量を脂肪から摂取しますが、摂取する脂肪はコレステロールも少なく、不飽和脂肪酸を多く含む植物性脂肪をとるようにするとよいでしょう。

糖尿病の食事にはカロリー制限がありますが、これは消費エネルギーに見合ったものとなりますので、1日あたりの必要カロリーに基づいていれば、1日に必要な熱量内で食べたい食品を、同一グループ内で交換することも可能です。

糖尿病での食事制限というと、米飯を控えておかずを増やすなどの偏った考えで食事を摂る人が多いようですが、これは誤った食事療法で、決められた1日の必要エネルギーの中には、お酒やおやつの全て計算してとります。

糖尿病と診断されれば、医師の指示に基づいて栄養士の献立指導を受けるとよいでしょう。

※肥満の基準(BMI:ボディー・マス・インデックス)の計算 

BMI = 体重 ÷ 身長 ÷ 身長

標準体重 = 身長 × 身長 × 22

18.5未満は低体重

18.5以上25未満は普通体重

25以上は肥満
posted by フウフウ at 13:45 | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。