糖尿病ってどんな病気

糖尿病膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足して起こる病気で、血液中のブドウ糖が細胞に運ばれずに溢れてしまい、血液中のブドウ糖濃度が高くなり、放置すると目、腎臓、神経に合併症をきたす全身病です。

ブドウ糖は食べた食物などを消化してできる、人の体を動かすエネルギー源となるもので、血液によって筋肉や臓器へと運ばれて使われ、イスンリンによってコントロールされています。

そのため糖尿病でインスリンの分泌が悪くなると、ブドウ糖が細胞にうまく取り込まれずに血中に残るために血糖値が上がるのです。

糖尿病には大きく分けて4つのタイプがあります。

【1型糖尿病】
膵臓でインスリンを作るβ細胞が壊れ、インスリンの量が不足して起こり、おもに子供がかかり10歳以下で発病する糖尿病はこのタイプです。

【2型糖尿病】
国内では90〜95%がこのタイプの糖尿病で、大人に多く見られることから以前は成人糖尿病とも呼ばれていました。
インスリンの分泌量が少なくなるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリンの作用にあまり反応しなくなり、ブドウ糖の取入れがうまくいかなくなるもので、食事や運動などの生活習慣が関係しているようです。

【妊娠糖尿病】
妊娠した場合に、本当の糖尿病にまでは到らないものの、血糖が高い状態となり胎児にも合併症などの影響を及ぼし、出産後に本当の糖尿病になるといわれています。

【その他のタイプの糖尿病】
遺伝子異常や肝臓、膵臓の病気などや、感染症、免疫異常など他の病気が原因となって引き起こされる糖尿病です。

1型、2型糖尿病は、治療せずに食後200r/㎗以上の血糖のまま放置すると、神経、目、腎臓の順に合併症が進行して失明したり、尿毒症になる特徴があります。
しかし糖尿は必ずしも怖い病気ではなく、高血糖を素早く見つけて正常な血糖に戻すように努力をすれば、合併症も起きないばかりか、糖尿病があっても健常な人と同じ生活を送ることができます。

posted by フウフウ at 13:41 | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。